呼吸器内科医は不足している?

呼吸器内科医TOP >> 呼吸器内科医のFAQ >> 呼吸器内科医は不足している?

呼吸器内科医は不足している?

国内における呼吸器内科医の数は他の専門医と比べても深刻なレベルで不足していると言われています。 実際、以前行われた調査では呼吸器科の常勤として実際に活動している医師の数は、循環器内科と比較すると61%ほど、また消化器内科と比べれば79%ほどしかいないことが明らかになっています。 このように呼吸器内科医の数が不足している理由は大きく分けて2つあると考えられます。

まず1つ目の理由は過酷な労働条件です。 現在日本では高齢化社会が進んでいますが、それに伴い呼吸器内科医が担当する患者の数も増えています。 なぜなら呼吸器内科医が治療を行う症状のほとんどは高齢者が多くかかるとされているからです。 さらにその中には命に関わるような重大な疾患を抱えている人や緊急で対応しなければいけない症状を抱えている人が多くいるため、呼吸器内科医はそれに対応するために過酷な労働をしなければならないことが多いのです。

そして2つ目の理由は労働条件に見合わない待遇にあると考えられます。 実際にアンケート調査でのコメントの中で労働に見合わない待遇が多いと不満をあげている医師が多いとわかっています。 さらには中にはこういった待遇の悪さなどに関して、世間やマスコミに訴えてほしいという声があるほどです。 このような理由があり現在日本では呼吸器内科医の数が不足していると考えられていますが、この問題は可能な限り優先して解決していかなければいけないと言われています。

なぜなら日本呼吸器学会が継続的に行ってきた実態調査によると、呼吸器専門医が少ない医療機関では他の医療機関と比べて死亡者の数が増えるということが明らかにされたからです。 またこれからは高齢化がさらに進んでいることも予想されているため、この問題を解決しないとその状況がさらに悪化すると予想されます。 そのためこの問題は重要視する必要があるのです。

ではどのようにこの問題を解決するのかというと考えられる選択肢はいくつかありますが、その中でも最も有効だと言われているのは職場環境の改善です。 例えば現在負担が大きくかかっている呼吸器内科医をサポートするために医師の数を増やしてチームを作ることや、また呼吸器内科医でなくとも対応できる場合には他の医師に支援してもらうようにするなどの取り組みです。 もちろんこの職場環境の改善以外にも、解決方法は数多く存在しますが、いずれにせよ可能な限り早く対応しなければいけないといけないでしょう。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.