呼吸器内科医の人数は少ない?

呼吸器内科医TOP >> 呼吸器内科医のFAQ >> 呼吸器内科医の人数は少ない?

呼吸器内科医の人数は少ない?

現在日本国内において呼吸器内科医の人数が少ないことは明らかであり、またそれが重要な問題となっています。

まずは人数が少ないという事実についてですが、まずそもそもの話として日本では医師全体の母数が少なく、それによって医師を確保できない病院が窮地に立たされていることも多いと言われています。

しかし、実は呼吸器内科医の人数はその医師の中でも特に少ないのです。 実際以前行われた調査によると呼吸器内科医で常勤として働いている医師の人数は他の専門医と比べて30%前後少ないことが明らかになっています。 そしてこの少なさがどのような重要な問題を起こしているのかというと、死亡者数が多くなるという問題です。 日本呼吸器学会が以前行った継続的な調査によると、なんと呼吸器専門医が少ない県ではその他の県と比べて喘息などによる死亡者数が多いということがわかっているのです。

また現在日本各地で働いている呼吸器内科医の人たちへの負担が過剰になっているというのも呼吸器内科医が少ないということが原因となって起きている1つの問題だとされています。 これらの問題は医師不足が起こしている問題の中でも特に大きいと考えられますので、日本という国全体という大きな規模でこの問題を解決して行く必要があるでしょう。 しかし、そんな呼吸器内科医にもなる価値に値する大きなメリットがいくつか存在します。

例えば、医療機関での待遇面です。 先ほどもご紹介しましたように呼吸器内科医は需要が大きいのにも関わらず数が少ないため、その価値が高いので医療機関での待遇面が良くなっているケースが多いのです。 またありとあらゆる面で呼吸器内科医としてのスキルを生かすことができ、医師としての活躍できる場所が多いというメリットもあります。

例えば、日本でも多くの人がかかっていると言われている喘息への対応をはじめとして、社会的に禁煙の考えが広がったことから急に需要が増えた禁煙をしたいという人への診療などまで対応できる幅が広いのです。そのため医師として活躍できる場所を求めるということにおいてもこの呼吸器内科医には多くのメリットがあるのです。

ここまで解説してきましたように呼吸器内科医は働いている数は少なく、それによって医師に対する負担などが大きいという大変な状況にあります。 しかし、その状況でありながらも呼吸器内科の専門医にはなる価値は十分にありますので、呼吸器内科医として転職をお考えの方は前向きに色々な情報をチェックするといいでしょう。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.