呼吸器内科医の忙しさは?

呼吸器内科医TOP >> 呼吸器内科医のFAQ >> 呼吸器内科医の忙しさは?

呼吸器内科医の忙しさは?

呼吸器内科医の忙しさは他の科の専門医よりも比較的忙しいと言われています。 その理由は大きく分けて2つあり、まず1つ目としてあるのは今国内における呼吸器内科医が不足しているからです。 実際以前行われた調査によると呼吸器内科で働いている医師の数は他の科よりも3割から4割ほど少ないとわかっています。 数が少ないということは当然、足りない分を補って対応しなければならないため、結果的に忙しくなるのです。 そして2つ目の理由としてあるのは呼吸器内科医に診てもらう必要のある患者の数が増えてきているからです。

呼吸器内科で診てもらうべき疾患は特に高齢者がかかることが多いのですが、日本ではその高齢者が高齢化社会の進行によって増えてきているため、必然的に呼吸器内科医への負担が大きくなっているのです。 そんな呼吸器内科医の忙しさを解決するためにはいくつかの方法が考えられます。

まず1つ目の方法としてあるのは呼吸器内科医の数を増やすという根本的な原因を解決する方法です。 現在日本では社会的に女性も問題なく医師として働けるようになったことなどが理由で医師を目指す人の数が増えているため、この方法は現実的に効果があると考えられます。 しかしこの方法での効果を見るまでにはある程度の期間を必要とするため、取り組む際にはある意味での忍耐強さが必要となるでしょう。 呼吸器内科医としての忙しさを解決するためには、組織内でのサポート体制を改善するというのも1つの有効な方法としてあります。 具体的に言えば、組織内でチームを作り、呼吸器内科医を徹底的にサポートしたり、呼吸器内科以外でも診ることが出来るものであればその他の専門医が担当したりするといったような方法が考えられます。

こちらの場合は1つ目の方法と違い改善後すぐにその効果がみられることがありますので、緊急を要する場合には特に取り組む価値があると言えるでしょう。 そんな忙しいことが欠点となっているように見える呼吸器内科医ですが、やり甲斐もあるのです。 例えば、忙しいからこそ、他の専門医よりも数多くの症例などを経験して短期間でのスキルアップを実現したり、日本という国における医療の中の高齢化に関連する問題を支えているという医師としてのやりがいを感じることができたりします。

また以前行われたアンケート調査の中の回答の中には、忙しいけどもそれ以上のやりがいがあると回答している人も多く見られたほどですので、忙しいと言う欠点だけで呼吸器内科医を諦める必要は全くないと言えるでしょう。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.