集中治療の呼吸器内科医求人

呼吸器内科医TOP >> 条件別の呼吸器内科医求人 >> 集中治療

集中治療の呼吸器内科医求人

集中治療に携わる呼吸器内科医の求人で募集している医師に求められている条件というものは大きく分けて3つあります。

まず1つ目の条件としてあるのは、重症患者を救うために必要とされる高度な医療の知識と技術です。 そもそも集中治療というものは、内科外科関係なく何かしらの原因で、生命の危機に陥っている患者を救うための治療であります。 そして生命の危機に陥っている患者の手術というものは基本的に通常の手術とは違い厳しい条件が多いと言われています。 例えば、手術に必要な時間が制限されていたり、行うことができる処置が高度な手術のみであったりすることがあるのです。 そしてこういった厳しい条件を乗り越えためにはやはり高度な医療の知識と経験が必要なのです。

2つ目の条件としてあるのは、他の医師との連携を取れる能力があるかどうかということです。 集中治療では先ほども解説しました通り、生命の危機に陥っている患者への治療を行うことがほとんどであり、その治療では多くの専門医と連携して行く必要があるのです。 例えば、あなたが呼吸器内科医としての高度な技術を持っていたとしても、集中治療の場合どうしても他の部分を埋める専門が必要なことがあります。 そういった時の協力関係を構築し、連携を取れる能力が必要とされるわけです。

そして最後の3つ目は、集中治療医としての能力や知識を身につけるための教育プログラムや研修を受けているかどうかということです。 実は現在の日本における集中治療に携わる専門医になるためには、Spura-specialty型という基本診療科の研修中もしくはその研修の後に集中治療に必要な研修プログラムや試験を受けるという方法とPrimary-specialty型という集中治療というものを1つの独立した基本診療として考え、医師としての初期の研修の終了後に直接集中治療の研修プログラムを受ける方法の2つの選択肢が存在します。

ただいずれにせよ、集中治療に携わる呼吸器内科医になるのであれば、集中治療に関係する研修や試験を受ける必要があるのです。 ここまで解説してきた3つの条件は絶対に必要であるということではありませんが、条件を満たしていた方が強みとしてアピールできますので、ぜひ参考にしてください。

最後になりますが、日本においてはこれから高齢化が進み、より集中治療に対しての需要が大きくなると考えられるため、集中治療に携わることが出来る呼吸器内科医もより多く求められることになります。 そのため現在集中治療に携わりたいという考えがある方は、様々な面で前向きに考えてみるといいでしょう。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.