呼呼吸器内科医の仕事内容

呼吸器内科医TOP >> 呼吸器内科医の転職の基礎 >> 呼吸器内科医の仕事内容

呼吸器内科医の仕事内容

呼吸器内科医になりたいけれど、実際、呼吸器内科医の仕事内容はどのようなものなのでしょうか? 診療の分野は、大まかに言うと、内科と外科に分かれています。外科では、手術をすることにより治療を進めていきますが、内科では、手術は行わずに、薬学の力を最大限に発揮して病気の治療を進めていきます。つまり、呼吸器内科医は、手術をせずに、薬学の力で呼吸器の問題を解決していくことになります。

薬を使って治療を進めていくということは、呼吸器内科には、呼吸器の疾病やメカニズムなどに関する知識をはじめ、薬学に関する知識も必要になります。また、薬学界では、常に新薬の開発も進められていることから、新しい薬に関する知識も備えている必要があります。 医師の仕事はどの分野でも同じことが言えますが、患者の診察をし、症状に合った薬を処方するためには、全ての薬の効果や、患者さんが薬を服用した後の経過なども把握する必要があります。医師としての経験を積んでいくにあたり、呼吸器に関する病気と薬に関しての経験が増えていくことから、薬の処方や判断もしやすくなっていきます。

医師の仕事は、自分が担当した患者だけでなく、薬の効果や副作用、疾病の治療など、常に統計に注意を払う必要もあります。薬の効果や病気の治療など、統計を知ることにより、どのような治療方法が効果的なのか、的確に判断することもできるのです。 こうしてみると、呼吸器内科医の仕事内容は、ただ診察をするだけでなく、常に新しい情報をキャッチして、的確な判断をしながら治療していくことになります。診察をする際には、患者さんの症状を理解することも大切なことです。

呼吸器内科医の仕事では、診察をする上で、患者さんの話を真剣に聞くリスニング力と、話の中からポイントをつかんで質問していくことにより、症状の原因を突き止めるカギをつかむことができます。呼吸器内科医は、こうした患者さんとのコミュニケーション能力も必要だとされているのです。 また、呼吸器内科医のところにやってくる患者さんは、必ずしも呼吸器に問題があるとは限りません。呼吸器以外に問題があり、症状が発生していると診断する際には、適切な科に患者さんを紹介することも、呼吸器内科医の仕事のひとつになります。

呼吸器内科医は、専門知識と経験により適切な判断をすること、そして、患者さんの症状に合わせて治療法を提案したり、必要な検査や診察にまわすことなどが主な仕事内容となってきます。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.