呼呼吸器内科医に多い悩み

呼吸器内科医TOP >> 呼吸器内科医の転職の基礎 >> 呼吸器内科医に多い悩み

呼吸器内科医に多い悩み

職業によっては、給料に不満があったり、仕事内容が給料に見合わない、また、仕事内容が体力を使う仕事であることから、これから先も続けていくことができるかどうか心配などといった悩みを持つ人が多くいます。職業の中には、残業が当たり前となっており、過労になることで悩んでいる人もいます。

その点、呼吸器内科医の仕事は、体力よりも知識や忍耐を使った仕事になるので、体力的な面での仕事の悩みは少ないようです。医師の仕事は、他の職業に比べると給料が高いことから、給料に不満を持っている医師も少ないのが現実です。 それでは、呼吸器内科医にはどのような悩みがあるのでしょうか。

若い呼吸器内科医の中には、「学位」の件で悩みを持つ医師が多くいます。臨床現場や私立の病院では学位はそれほど重視されないものの、大学でのポジションを希望する場合には、どうしても学位が必要になります。そのため、大学でのポジションを目指す医師は、どうしても大学院まで通って学位を得る必要があるのです。

かといって、誰もが簡単に大学院に通うことができるわけではありません。大学院に通っている間は学生になることから、大学院にに通う期間の生活費も考えなくてはいけません。 一度大学を卒業してから私立病院などで医師として働いて貯金をした後に大学院に通って学位を取るという方法もあります。この場合には、学位を取って希望の大学でのポジションを得ることができますが、目標を達成するまでの期間が長くかかってしまうのが難点です。

学位以外の悩みでは、仕事の時間が長いことから、家族との時間を思うように取ることができずに悩んでいいる呼吸器内科医もいます。呼吸器内科医の中には、ポジションなどよりも、当直などがある職場で、仕事をしながらプライベートの時間もしっかりと確保することができる仕事を探している人もいます。

就職活動や転職活動は、必ずしも希望の条件のところを見つけることができるとは限らず、あくまでもタイミングになります。中には、現在の職場よりも、さらに専門知識を身につけることができる職場で働きたいという医師もいるでしょう。 自分が仕事を探している時に、自分の希望の条件に合う病院が求人を出している必要があるのです。転職活動をする際には、希望の条件の中でも、譲れる条件と、これだけは譲れないという条件に分けて求人を探すことにより、ある程度希望にあった転職先を見つけることができるかもしれません。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.