呼呼吸器内科医の年収相場

呼吸器内科医TOP >> 呼吸器内科医の転職の基礎 >> 呼吸器内科医の年収相場

呼吸器内科医の年収相場

呼吸器内科医は、高齢化社会が進む中で、これから先さらにニーズが高い診療科だとされています。呼吸器内科医は、診察の際に患者さんの話をよく聞き、症状を理解した上で診察を進めていく必要があります。 そんな呼吸器内科医の年収は、どのくらいが相場となっているのでしょうか。

呼吸器内科医の年収を詳しく見てみると、年代によって平均年収が変わってくるようです。30代の呼吸器内科医の年収は、600万円から1000万円未満が多くなっていますが40代になると、1400万円から2000万円未満へと平均年収が上がります。年代が上がれば上がるほどよいのかと思えばそうではないようで、50代になると、1400万円から2000万円未満も多く見られますが、どちらかというと、600万円から1000万円未満が一番多いようです。こうしてみてみると、呼吸器内科医は、40代が最も稼ぎやすい年齢だということもわかります。

また、呼吸器内科医の年収相場は、働くエリアによっても異なってきます。最も年収が高いエリアを見てみると、関西で2000万円以上となっています。九州や沖縄では、1400万円から2000万円未満が多いようです。関東では600万円から1000万円未満が多く、北海道に行くと1000万円から1400万円のところが多くなっています。年収の相場は、それぞれのエリアでのニーズも関係していると考えられます。

呼吸器内科医の年収は、エリアだけでなく、働く施設によっても異なってきます。呼吸器内科医が働く施設には、大学や国立の病院、私立の病院、そしてクリニックがあります。クリニックで働く呼吸器内科医の年収相場は、1400万円から2000万円未満と安定していますが、病院で働く呼吸器内科医の年収は異なってきます。病院で働く呼吸器内科医の年収は、国立、私立ともに、2000万円以上の施設もあります。国立病院には、最も低い600万円未満もあるようです。

呼吸器内科医の年収は、病院で働く場合には、国立、私立ともに、最も多いのがクリニックと同じ、1400万円から2000万円未満となっています。こうしてみてみると、安定した収入を得るのであればクリニック、また、高収入を目指して転職を考えるのであれば、病院などの施設がよさそうですね。ただし、国立病院の場合には、年収600万円未満のところもあるので、転職先を探す際に、国立病院を考える場合には、前もって年収がどのくらいになるのか確認しておくことも大切でしょう。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.