呼呼吸器内科医の志望動機

呼吸器内科医TOP >> 呼吸器内科医の転職の基礎 >> 呼吸器内科医の志望動機

呼吸器内科医の志望動機

呼吸器内科医としての就職や転職を考える先生たちは、どのような志望動機で呼吸器内科医を目指しているのでしょうか。

呼吸器内科にやってくる患者さんは、同じ病名でも、からだに現れる症状が人によって異なることが多くあります。そのため、呼吸器にまつわる病名と症状は、1パターンだけでなく、これまでの診察で得た経験などを元に判断をしていく必要があります。また、現在同じ症状の患者さんでも、これまでの経歴や病歴、体質などを知ることにより、病名の判断がしやすくなることもあります。

そのため、診察の際には、現在患者さんが訴えている症状だけでなく、過去にどのような病気をしたのか、また、同じような症状になったことはあるのか、あるとしたらどのような状況だったのかなど、詳しく質問していくことで、患者さんの現在の症状を把握していくことができるのです。

また、内科医は薬を使って治療を進めていきます。患者さんが過去に使ったことのある薬などがあれば、その時の効果や副作用などについても知る必要があります。

このように、呼吸器内科医の世界は、呼吸器ひとつでもとても奥が深いのが特徴です。呼吸器内科医を目指す医師の中には、そんな奥深い呼吸器についてもっとよく知りたいと感じる医師や、興味を惹かれてさらにもっとよく知りたいと考えて呼吸器内科医を目指す医師も多いようです。

また、呼吸器内科医を目指す医師の中には、家族や自分自身が呼吸器内科医にかかったことがあり、学生時代から呼吸器に興味があったという人もいるようです。こういった医師は、医師としての知識や経験だけでなく、患者側としての経験もあることから、患者さんの悩みを理解しながら診察と治療を進めていくことができるのが特徴です。

こうしてみてみると、呼吸器内科医を目指す医師の志望動機は人によって様々なことがわかります。呼吸器内科医を目指す医師の中には、最初は別の科目を考えていたものの、ひょんなことから呼吸器内科に出会い、その奥深さに惹かれて呼吸器内科医を目指すようになったというケースもあるようです。

呼吸器内科は、これから先もニーズが高くなっていくことが予想されています。ニーズが高い科目であれば、転職をしやすいということから、呼吸器内科医を目指す医師もいるようです。高齢化社会が進んでいく中で、呼吸器内科に訪れる患者さんは、これからも増加していくと考えられています。医師不足が問題とされる現代ではありますが、そんな中でも、ニーズの高い科目に医師が集まることで、これからの高齢化社会もサポートしていくことができるでしょう。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.