呼呼吸器内科医と英語力

呼吸器内科医TOP >> 呼吸器内科医の転職の基礎 >> 呼吸器内科医と英語力

呼吸器内科医と英語力

最近では、社会のグローバル化が進んでいることから、様々な企業で英語力を持つ人材が必要とされています。そんな中で、呼吸器内科医にも英語力は必要なのでしょうか?

呼吸器内科医は、診察は基本的には日本語で行いますが、病院があるエリアによっては、外国人の患者さんがやってくる病院もあります。そういったエリアの病院で働く呼吸器内科医は、日本人だけでなく日本語がわからない患者さんも診察するので、英語でわかりやすく説明することができるだけの英語力が必要とされます。 中には、呼吸器内科医の医師は日本語でも、英語を話すことができる看護師を配置して外国人の患者さんへの対応をしている病院もあります。

しかし、呼吸器内科医に英語が必要になるのは、外国人の患者さんを診察する時だけではありません。呼吸器内科医は、患者さんの病気を追及したり、難しい症状に出会ってもあきらめることなく症例を探して治療方法を見つけていく必要があります。時には、日本語の症例だけでなく、外国で似たような症状の患者さんがいた場合には、英語の論文や症例を読むことが必要になることもあるでしょう。そういったことを考えると、呼吸器内科医は英語を無視することができません。

論文を読むためには、英語の読解力に加えて、専門用語の語彙力も必須となります。呼吸器内科医に必要な英語力を身に着けるためには、ただ一般英語を勉強しただけではついていくことができないこともあるのです。

呼吸器内科医として英語力を身に着けるためには、仕事をしながら英語の勉強をするという方法もありますが、英語を使う職場、もしくは、英文を読むことが多い職場に転職をして英語力を身に着けるという方法もあります。

呼吸器内科医として、最低限の英語力を身に着けることができたら、海外の病院に勤務したり、留学や海外研修を通してさらに呼吸器内科医に必要な英語力を磨いていくことができます。 海外の病院で勤務したり、研修を受けることにより、日本だけでは見られない症例に出会うことができることもあり、英語力だけでなく、呼吸器内科医としてのスキルも向上させることができます。

海外の現場でスキルアップした呼吸器内科医としてのスキルは、語学力だけでなく、日本の医療の現場でも大いに活用していくことができます。 海外の医療の現場での実務経験があると、英語の論文を読む際にも理解しやすくなることから、患者さんの症状などについて、とことん追求してよりよい治療を進めていくことができるようになるでしょう。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.