呼呼吸器内科医と学歴

呼吸器内科医TOP >> 呼吸器内科医の転職の基礎 >> 呼吸器内科医と学歴

呼吸器内科医と学歴

呼吸器内科医を目指したいという人、まずは呼吸器内科医にはどのような学歴が必要なのか気になるところですよね。

医師になるためには、まずは大学の医学部に6年間通う必要があります。そして、医学部を卒業した後は、最低2年間は研修医師として働く必要があるのです。そのため、現在の職業から医師に転職したいと思っても、医学部卒業などでない限りは、簡単にできるものではありません。医師になるためには、最低でも8年の期間が必要なのです。 また、8年とは、スムーズに大学に入学して単位を取得した場合の月日で、万が一試験に合格しなかったり、単位を落としてしまった場合には、8年以上の期間がかかります。

医師への転職を考える際には、学校に通っている期間の生活費も考える必要があります。実家などが応援してくれている場合には、実家に住みながら大学の医学部に通うこともできるでしょう。しかし、実家に住むことができても、6年間、ある程度の生活費が必要になります。アルバイトをしながら学校に通うか、もしくは、医師への転職を実行する前に、現在の職業で稼いだお金を貯金しておき、学生生活の生活費を賄うという方法もあります。

呼吸器内科は、医師の中でもニーズの高い分野です。特に、呼吸器内科には、単発の病気だけではなく、喘息やアレルギー持ちの患者さんも多くやってきます。そのため、同じ患者さんが定期的に診察に来ることが予想されます。そのため、呼吸器内科のニーズはこれから先、さらに高くなっていくと予想されています。

呼吸器内科はニーズが高い分野であることから、転職を考える上でも、呼吸器内科医としての転職であれば、それほど困ることもないでしょう。さらに、呼吸器内科医としての経験もあれば、転職先は見つけやすいことが予想されます。

呼吸器内科医の中では、給料に不満をもって転職するという話はあまり聞きませんが、転職を通して給料アップを目指す場合には、呼吸器内科医のニーズが高いエリアや比較的給料が高い施設を選んで転職することにより、給料アップも実現することができるでしょう。 また、呼吸器内科医としての経験がある場合には、その経験をもとに転職することにより、転職先での給料が上がることも予想されます。どこの施設でも、経験のある医師は優遇されやすいのです。

転職活動の際には、これまで呼吸器内科医としてどのような活躍をしてきたのかといった点を上手にアピールすることができるとよいですね。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.