呼吸器内科医求人ランキング

呼吸器内科医で転職をお考えの先生へ

医師としての転職、特に呼吸器内科医で転職を場合、どういった方法で求人情報をお探しですか?当サイトでは今話題の医師専門の転職サイトを活用した求人情報探しをオススメしています。

リクルートドクターズキャリアなら豊富な求人情報の中から「呼吸器内科医」でさらに希望条件で絞って求人を見つけることができます。専任のスタッフのアドバイスも受けながら転職活動を行えますので時間や労力も最小で済ませられるのも魅力ですね。

呼吸器内科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートドクターズキャリアの特徴はやはり圧倒的な実績があるということでしょう。 現在の日本では数多くの医師専用の転職サイトなどがありますが、こちらのリクルートドクターズキャリアは日本で2番目の30年以上の実績を誇ります。 また運営している年数が長いという実績だけでなく、医師たちからの信頼も厚いというのも特徴としてあり、アンケート調査によるとリクルートグループ会社ならば利用したいという回答をした人が約83%という結果があるほどです。

医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
医師転職ドットコムは求人数が約4万件とこの業界でも最大級であることが特徴としてあります。 また専属のコンサルタントが日々新しい情報を収集していることでその情報の鮮度も高いため、転職を考えている医師にとっては非常に魅力的な転職サイトとなっています。 さらに自分なりの強みや理想などを踏まえたキャリアプランのサポートまでありますので、呼吸器内科医など転職で悩むと言われている専門医の方には特にお勧めだと言えるでしょう。

マイナビDOCTOR 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビDOCTORの最も大きな特徴としては、オーダーメード型の求人情報を得ることができるということです。 と、言いますのもマイナビDOCTORでは国内でもトップレベルの取引実績があるため、その実績を活かして転職を考えている医師の方の最も理想に近い求人をキャリアパートナーが用意することが可能になっているのです。 そのため医師としての転職活動に不安のある方や転職先の条件などに特別な考えがある方にとっては非常に大きな力になることでしょう。

エムスリーキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
エムスリーキャリアは転職希望している医師の登録実績が5年連続でナンバーワンとなっており、当然転職に成功している医師の数も日本でトップレベルにあります。 そんなエムスリーキャリアは転職までのサポートもちろんのこと、転職後の様々な場面でのサポートがあるのが特徴としてあります。 現在でも魅力のある求人情報は数多くありますが、今後はさらにその求人情報の量は増えていくと考えられますので、転職の際には一度チェックしておくべきでしょう。

JMC 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
JMCの最大の特徴としてあるのはやはり在籍しているエージェントのクオリティが非常に高いということです。 転職サイトでサポート役となるエージェントはその人の能力などによって、提供できる情報などが変わってきますが、JMCのエージェントは経験が豊富な方が多いため、転職活動を行う際に確実に力となってくれます。 またJMCでは膨大なデータから適性の年収を調べてもらうことができ、さらにそれを使い年収アップの交渉してもらうことが可能となる利点もありますので、年収などの面で上を目指したい方にはお勧めです。

呼吸器内科医の求人は多い?

医師の求人の数は、専門の分野によっても変わってきます。中でも比較的ニーズが高いのが呼吸器内科医の求人です。他にもニーズが高い分野があり、ニーズの中ではトップとまではいきませんが、医師を募集する求人の中でも、呼吸器内科医の求人は比較的多い方なのです。呼吸器内科医以外では、一般内科や消化器内科、循環器内科も求人のニーズが高いようです。

特に、呼吸器内科の中でも、10年以上の経験を持つ医師は特にニーズが高いことから、転職を考える上でも、比較的転職先を見つけやすいでしょう。同じ呼吸器内科医でも、10年以上の経験を持つ医師となると、数も限られてくることから、ニーズに合った求人を見つけることができれば、採用の確率も高いものとなります。

呼吸器内科医の中でも、呼吸器を中心に内科全般を診療することができる医師もニーズが高くなります。呼吸器に関する専門知識だけでなく、これまで医師として働いてきた経験を活かして転職先を見つけることができるのです。

転職先の中には、療養型病院やクリニック、健診施設などもあります。こういった機関では、呼吸器に関する専門知識を持つと同時に、内科的疾患の診療も可能な医師のニーズが高くなっているようです。

こうしてみると、呼吸器内科医のニーズは高いものの、呼吸器だけでなく、内科や一般診療も可能な医師が特に転職しやすくなっているようです。呼吸器内科医として働く中で、後々に転職を考える際には、できる時にこういった一般内科などの知識や経験も現在の職場で積むことができれば理想ですね。

呼吸器内科医は、喘息などの呼吸器疾患を患っている患者さんだけでなく、風邪をこじらせたり、アレルギーや何らかの理由で呼吸器に問題のある患者さんもやってきます。そういった際に、呼吸器に関する専門知識を生かしながら、内科的診療もしていくことが呼吸器内科医へのニーズとなっているのです。

呼吸器内科医の求人の数やニーズは、転職をする地域によって異なってくることもあります。呼吸器内科としての転職を考える場合には、転職を考える地域でどのくらいのニーズがあるのかある程度把握したうえで転職活動を始めるというのも手段です。

地域によっては、呼吸器内科医のニーズが非常に高いところもあります。呼吸器内科としての転職を考える場合には、ニーズの高いエリアに移動して転職先を見つけるというのもひとつの手段でしょう。ニーズが高いエリアでは、給料アップにも期待することができます。


Copyright (C) 2017-2018 呼吸器内科医求人ランキング All Rights Reserved.